マレーシア政府は外国からの投資を呼び込むために、サービスセクターへの参入を段階的に自由化してきました。
その結果外国人や外国企業が100%保有できることが認められ、外国投資委員会のガイドラインも撤廃されマレーシア企業の合併・承継・買収に政府の承認も必要ありません。
マレーシアは経済成長著しい東南アジアの中でも期待できるエリアなので、このように政府として外国企業の参入を促進する政策をとっていると、日本企業としても進出したくなるでしょう。
しかし自由化が進んでいるのは、主にサブセクターです。
一部はマレーシア政府の承認が必要だったり厳しい規制があったりして、日本企業が気軽に進出できる環境ではありません。
マレーシアへの進出を考えているなら、現地の状況に詳しい専門家とタッグを組む必要があります。
ベンチャー企業の海外進出をサポートするGVA法律事務所は、マレーシアにも強く相談をすれば必要な認可や取得の仕方などを丁寧にアドバイスしてくれます。
現地の状況に詳しい専門家のアドバイスがあれば、スムーズに進出してビジネスを展開できるでしょう。
そもそもGVA法律事務所はマレーシア以外にも世界中にパートナーが存在しており、進出をサポートしてきたベンチャー企業も1,000を超えます。
起業からIPOまで様々なフェーズに対応できる実績を有しているので、海外進出を考えているベンチャー企業は、貴重なアドバイスを得るため相談してみましょう。