マーキュリー・ジェネラルは、日本の企業がマレーシアへ進出する際に役立つ、様々な法律関連の業務に携わっている法律事務所です。国際化がますます進んでいる昨今では、海外へと進出して行く企業が増加しており、その進出先にマレーシアを選択するところが少なくありません。マレーシアは近年発展が目覚ましく、外資系企業を積極的に誘致している上に、日本に対する理解がある親日国家なので、日本の企業が進出するのに好ましい環境が整っています。また、マレーシアは主にマレー系・中華系・インド系の三つの民族で構成されている多民族国家で、それぞれの民族に固有の言語はあるものの、英語が共通語として普及しています。そのため、日本の企業が言葉の壁にぶつかることは少ないと言えます。マーキュリー・ジェネラルは現地の法律事務所と協力関係を結んでいるので、日本企業がそんなマレーシアへの進出を行う際に、現地法人の設立・各種の許認可の手続き・現地の企業との契約の締結や交渉・紛争の解決など、様々な種類の法律的サポートを行うことが可能です。また、イスラム圏に特有のマーケットルールであるハラル認証や、先住民族であるマレー系の人たちを優遇するというブミプトラ政策など、日本の企業には理解するのが難しい事柄も色々と存在しています。マーキュリー・ジェネラルはアジアを中心とする国際法務に明るい法律事務所なので、企業がそのようなマレーシアに特有の問題に直面した場合に、適切なサポートを行うことが出来ます。