会社を設立するのにやはり支援をしてもらえる会社があるといろんなメリットがあり、大変便利です。
マレーシアで設立する場合、マレーシアコンサルティングビジネスグループが海外への
進展のサポートをしてくれます。この会社には会計事務所や監査法人、コンサルティングなどの
4つの会社が提携してできた総合コンサルティンググループです。それぞれの会社はマレーシアで
実勢を摘んでおり、その会社に置ける得意分野で日本企業の進出のサポートを担ってくれます。

各種のビザの発行から労働許可書の申請を始めとして進出支援、会社設立、会社会計および
税務監査などの業務や設立についての相談にも乗ってもらウことができます。またマレーシア国内
での市場調査や法人税の申請とアドバイスについても行ってもらえます。

ただマレーシア内で会社を興すだけならよいのですが、会社の利益をあげていかないと
設立をしたことにはなりません。この4つの会社にはそれぞれ専門家がいて、日本での商業の習慣と
マレーシアでの商業の習慣を生めることができるよに会社が仲介をしてくれています。
そのため両方の国から大きな信頼をもらっています。

またマレーシアでは2015年4月から諸費税が導入されました。それが日本企業に対してどのような影響を
現在与えているのか、明確にてくれます。そのような会社を設立したいのか、形を明確にしておくことで
各専門家たちがそれに合うように支援をしてくれます。